印刷がバリアブルになるメリット

バリアブルの印刷は今までとは違った多彩なデザイン、商品を実現することができます。この方法の特徴は、データベースである情報を抽出してプリントすることができるシステムであり、条件に合わせて一つ一つ違った仕上がりにすることができるのです。データベース化する情報は目的に合わせて対応することができ、文字などの情報だけではなく画像を抽出するしてプリントすることもできます。デザイン性はもちろん製品を仕上げるために必要な時間を大幅に減らすことが可能であるため、コスト削減も目指せます。用途に合わせて使うことができるとともに、依頼する専門業者によっては様々なサービスを展開していますのでその中から要望を叶えるサービス、技術を選ぶことができるのでぜひご活用下さい。

目的に合わせた情報を的確にプリントするなら

バリアブルの印刷を利用するメリットは、なんと言っても一つ一つ違った情報を一気にプリントできるという点です。例えば、ダイレクトメールのハガキや会員様限定のハガキなどを仕上げるために、顧客の住所や名前など一人ひとり異なる情報を一括でプリントすることが可能です。こうした情報は、以前までは手書きで書き分ける方法しかありませんでしたが、このシステムを使えば手持ちのデータを読み取ることでシステムが情報を読み取り一つ一つ仕上げてくれます。また、必要な分だけプリントすることができますので手間や手書きによる失敗などの無駄を無くすことができます。さらに、顧客情報に合わせて宣伝したい情報を印字することも可能なので、企業にとっては様々な活用ができ販売促進や企業のアピールにつなげることができるのです。

大量にある情報も問題なく仕上げられます

バリアブルの印刷は私たちの身近にも多く活用されています。ダイレクトメールのハガキや企業の販売促進活動をはじめとして、抽選くじにも活用されています。抽選くじは一つ一つ異なる抽選番号やシリアルナンバーが決められており、すべて違った情報を印字する必要があるとともに、大量にプリントしなければなりません。このシステムを活用することで、抽選くじやシリアルナンバー、バーコードといった複雑な印字もスピーディーに仕上げることができます。数字や英字、バーコードといった記号などの組み合わせが数十万単位であっても問題ありません。様々なニーズに応えられるシステムを活用することで、ターゲットや目的に合わせた情報提供や販売促進を目指しましょう。アイディア次第で他にも魅力的な活用方法が見つかるはずです。