オンデマンド対応のバリアブルな印刷

バリアブルな印刷は、可変印刷とも呼ばれています。ダイレクトメールやハガキの、一通ずつ違う宛名の部分や、通し番号のあるチケットなどのランダムな数字、バーコードやQRコードといったナンバリング部分を可変させながらプリントしていく仕組みです。宛名をプリントする場合、一般的なハガキ作成ソフトなどでも、それぞれの名前や住所などを変えてプリントすることが可能ですが、印刷会社のバリアブルな印刷は、文字だけでなく、写真などの画像も個別に差し替えて作成することができます。少部数での注文が可能で、オフセットよりも安価なオンデマンドでの作成であれば、ベースとなる同一のデザイン上に、一枚ずつ個別に違う画像や文字に変えてあるものが頼めるということになります。

可能性が広がるオンデマンドとの組み合わせ

バリアブルは、同一のデザイン上の好きな個所に、望み通りの変更が一枚ずつという単位で可能になっているだけに、アイデア次第で無限ともいえる可能性が広がります。家庭用のプリンターと違って、プロの現場でおこなう可変作成は、専用のソフトと高性能の最新デジタル機器とのコラボレーションで、高品質で希望する枚数だけ自由に作成することができます。少部数では単価が高くなってしまうオフセットと違って、少ない枚数からの注文でもリーズナブル価格に抑えられるオンデマンドとの相性が良い方法と言えます。しかも、一枚ずつ、必要な箇所の文字や数字、画像までも変更することができるだけに、手書きに近い、温かみのあるものを作成することもできます。年賀状の作成など、注文する人が今後増えると考えられます。

相手ごとに一枚ずつ違う細やかな書面

一枚ずつ可変させられる特性を生かして、顔写真入りのカードや、各種の認定書なども作成することができますので、イベントの参加証や、卒業などの記念カードも、プロ仕様といえるものを気軽に、オンデマンドで注文できるようになってきました。また、これまでは高度な画像ソフトでなければ作成できなかった、写真などに好きな文字を溶け込ませるような手法も依頼できるようになっています。個別に送るダイレクトメールや、各種のカードに、それぞれ違うメッセージや個人名を入れたものをプロの技で作成可能、しかもリーズナブルということで、用途のイメージが広がります。オリジナル写真に個別のメッセージを入れたカレンダーや、相手の名前入りの絵本など、特別感のあるプレゼントとしても最適となります。