バリアブルな印刷についての基礎

広告などの印刷も大変だというイメージがありましたが、バリアブルな手法に最近は注目が集まっています。これはどのようなプリント方法なのかというと、プリントする物とデータを関連させつつ一枚ずつ個別に差し替えながらプリントをしていくやり方です。これまでの発注だと、同じものをたくさんプリントするというやり方だったのですが、こちらの方法を利用する事で例えば同じ写真やイラストを土台にしつつ、宛名や住所などを入れ替えたりするような事も簡単に出来るようになります。これまでも、年賀状などを作る時に自宅で宛名プリントをする時のことを思えば分かりやすいのではないでしょうか。もっとワンランク上の美しい状態に仕上げたいならプロの力を借りてみると想像している以上の仕上がりになります。

どんなシーンで使うことが出来るのか

そうは言ってもまだバリアブル印刷を使えるようなシーンが思いつかない方もいるでしょう。やはりDM関連にもとても強いのですが、宛名プリントがその際たるものです。内容に関してもこれまで一律同じものを使っていたとしても、お客様に合わせてプリント内容を選ぶ事でよりよい情報を提供する事ができるようになります。誕生日カードなどのお客様とのコミュニケーションツールとしてプリントする挨拶を作るのも簡単になりますのでおすすめです。使い方次第でいろんなプリントをする事ができますので、お店で使うだけでなく、学校や会社などでもいろんなシーンで利用が出来ます。どのように作業をしていくのか細かい部分は利用する業者でも変わってきますので、使いやすい業者を探しておくといいでしょう。

どのような作業料金になるのか確認しておく

便利にいろんなプリントが出来るバリアブル印刷ですが、料金も忘れずにチェックしておきましょう。基本的なプリント料金に加えて、別途作業料金がかかる費用形態になっている会社が多いです。ナンバリングやコード類、テキストや画像など、どんなデータの差込をするかと、必要な部数と、何箇所変更するのかで計算されるため、たくさん変更箇所が多くなるとその分料金も上がっていくと思えば分かりやすいでしょう。どの業者でもまずは見積もりを取ることができますので、事例の確認をするのと同時に価格に関しても相談をしておきましょう。一度使ってみるととても便利ですし、業者に依頼するので仕上がりに関しても申し分ありません。満足できる価格で作業してもらえるように、事前の打ち合わせも行って利用しましょう。